読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れがちな日々

楽しそうな波には自ら呑まれにいく

シロダーラをやってもらって、天ぷらを食べたくなった話

いままで気になってたけど、手を出せていなかった「シロダーラ」やってきました。

まず、シロダーラとはなんぞや、という話。

「頭」を意味する「シロー」と「流れ」を意味する「ダラー」からなる言葉で、額にオイルを垂らして一種の瞑想状態に導く、インドのアーユルヴェーダの手法です。

マッサージやリンパドレナージュをやってもらうのが好きで、サロンのサイトをよく見たりするのですが、そこで知ったのがシロダーラ。いつかやってみたいと思いつつも、予約が取りにくかったりお値段高かったりで手を出せないままでした。そんなわたしにとってちょっぴり高嶺の花だったコースを、今年になって行き始めたスーパー銭湯のエステコーナーに発見、平日お風呂に行く機会を得たので、えいやっと受けてみることにしました。


f:id:yuma96296:20170406160427j:image

お風呂で一時間ほどあったまってから施術の部屋に入ると、写真では何度も見たシロダーラの容器が、ベッドの枕側に配置されていました。その容器の下に額がくるように横になって、はじまりを待ちます。

スタッフさん「どこかで受けたことはありますか?」

わたし「はじめてです」

スタッフさん「ではどんな感じか、お試しって感じでしょうか」

目の上にタオルを乗せてしばらく、容器にオイルが注がれたのかな?というぼごぼごって音がしてちょっとしてからオイルが額の髪の生え際に流れてきました。思っていたよりも多めと流速のあるオイル。主に真ん中めがけて落ちてくるんだけど、時々額全体を横移動するように位置が変わって、やさしいタッチのマッサージ。オイルの温度は低めから途中で少し上がって、また元の温度に戻って。リラックスできる環境音楽が遠くに、近くからはオイルが落ちるぼごぼごが気になってしまって、これは瞑想に入れるのかなと少し心配に。

このタッチで頭をさわさわするといいのなら、じぶんでもできるのかな?とか

なんか体がぽかぽかしてきたぞ、とか

これごま油かなー、お腹すいてきた。天ぷら食べたい。とか

天ぷらならカウンターで食べさせてもらえるめっちゃお高めのやついいなー、とか

このスーパー銭湯のご飯処で天ぷらのメニューあったら食べたいな、とか

…瞑想から程遠すぎる状態がしばし続き、途中からせっかく高いお金払ったけど、これという何かは得られないのでは、マッサージにしておけばよかったかな、とか焦り始めて。でも、そのまま思考を進めていたら「シロダーラの体験ができるだけでもいいのでは」と考え方のスイッチが切り替わって、お、これは、面白い気付きだな、と思っているうちに、音はずっとぼごぼご聞こえてるんだけど無だなー、となった瞬間に「はい、終わりです。どうでしたか?」の声が。

終わってお茶を飲みながらスタッフさんといろいろお話をしました。

オイルはセサミオイルを30分間で4リットルも使っている、とか

他のサロンで60分のコースとかあるけど、使うオイル量はんぱなくてお値段が大変なことになるし、長く同じ姿勢を保つのは首への負担がある。たぶん耐えられるベストな時間は37分ぐらい、とか

頭をやる場合は体温マイナス1度の35度が適温、温度を自動管理してくれるマシンが存在しているが機械音がすごいため、容器に温度調整したオイルを継ぎ足しながらする方法を選択している、とか(途中で温度が変わったような気がしましたと伝えたら、ずっと冷たいのでやると頭が冷えすぎるので、次は少しあたたかいオイルを入れる等微調整をしているとのこと)

施術後、頭は2回ぐらい洗わないと油がすごくて髪の毛が乾かない、とか

受けて二日後ぐらいが頭皮の調子が一番良くなる、等々

看板にあった「嫌な記憶をデリート」ってなにが消えたのかわからないけれど、終わって風呂場戻って頭洗って露天風呂にまた浸かって空を見たときに、急いで結論出さないでじぶんの経過観察を楽しもうかな、と思えたので、わたしにとっては、シロダーラ、いい体験になったのでは、と思いました。

ご飯処で、かき揚げの入ったランチメニューあったので食べましたよ。サクサク。美味しかったです。

 
f:id:yuma96296:20170406160458j:image